太っている人とやせている人の腸内細菌叢に違いがある

太っている人とやせている人の腸内細菌叢に違いがある

腸内環境が体型に影響を与えます。太っている人とやせている人の腸内細菌叢に違いがあるのです。

 

人の腸には1000種類1000兆個もの腸内細菌が棲みついているといわれています。重さにすると1~1.5kgです。腸内に棲みつく菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けることができます。善玉菌優勢だと腸内が酸性に保たれ、便通がよくなります。悪玉菌が増えると悪玉菌が作り出すアンモニアやインドールなどの有害物質が増えます。日和見菌は勢力が優勢な方に味方する菌です。肥満傾向の方はファーミキューテスという菌が多く、やせている人はバクテロイデーテスが多いといわれています。

 

ファーミキューテスは人間の消化酵素では分解できない繊維などを分解し、余計なカロリーを増やします。同じ量を食べていても、腸内細菌が作り出すカロリーで太る、やせるに影響がでるのです。腸内環境を整えることでファーミキューテスが減り、やせやすい体に近づくと考えられます。腸内環境を改善してスリムな体型を目指すのが、すぐき漬けダイエットです。

 

すぐき漬けとは京都の伝統野菜のすぐきの葉や茎を乳酸発酵させた漬物で、ラブレ菌という植物性乳酸菌を含んでいます。乳酸菌が腸内環境を改善します。乳酸菌を摂るならヨーグルトでもよいのでは?と思いませんか。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸に弱く、生きて腸に届きにくいのですが、ラブレ菌のような植物性乳酸菌は過酷な環境でも生きのびる強い力があり、胃酸に負けずに腸に届きやすいです。

 

日本人が古くから食べてきた食品なので、日本人のお腹に合っていると考えられます。すぐき漬けなら食物繊維も摂ることができます。食物繊維が腸の働きを活発にして便通を促します。やり方はすぐき漬けを毎食10g食べるだけです。食事制限はありませんが、腹八分目を心がけるとダイエットが成功しやすくなります。漬物は塩分が多いので、高血圧の方は医師に相談してください。漬物と一緒にご飯を食べたくなるかもしれませんが、食べ過ぎに気をつけましょう。